« 2019年11月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
2019年02月01日

「2月」金利は?

【嫁ブログ】
yome01.jpg

平成31年2月1日 金曜日

全国的にインフルエンザが猛威をふるっていますね(-_-;)
皆さまお変わりありませんか?
我が家ではまだ今のところインフルエンザにはかからず、季節の風邪だけで済んでおります。
ですが、まだまだ心配ですね。
長男が新年度から中学デビューで若干浮足立っております(笑)
気の合う仲間と青春を楽しんで欲しいと思うところです。

さて。
FRB(アメリカ中央銀行)のパウエル議長が、2019年の利上げペースの減速を示唆。
2015年末以降アメリカの好景気・低失業率に支えられ、好調に利上げしてきた流れの転換期を迎えるとみられます。
ですので、マイホーム計画を練っていらっしゃるお客様、チャンスです。
日本の金利も実はアメリカの金利の影響を受けます。
日本の金利もここ最近上昇傾向にありました。
それが失速すると考えられるのです。
消費増税も控えており、更なる利上げは景気を冷え込ませる原因になりかねません。
同じローンを組むのであれば金利は低い方がお得です!!
チャンスをお見逃しなく(*^_^*)

※平成29年10月から新機構団信付きの表示に変更されたため、その頃と比較すると最近の金利はだいぶ上がったように見えます(^▽^;)
団信分の0.2%が上乗せされているからです。
団信を外してフラット35のローンを組むことも可能ですので、その際は0.2%金利が下がります。


史上最低金利:2016年8月=0.90%(団信なし)
1月(先月)=1.33%(団信なし=1.13%)

↓ 平成29年10月~平成31年1月までの金利推移表

(住宅支援機構HPより転載)

↓ 平成28年4月~平成29年9月までの金利推移表

(住宅支援機構HPより転載)

↓ 平成25年4月~平成29年5月までの金利推移表

(住宅支援機構HPより転載)

2月のフラット35S‐A
1年目〜10年目 1.06%(0.25%優遇)(団信なし=0.86%)
11年目〜35年目1.31%(優遇なし)(団信なし=1.11%)

※融資条件あり※
(TOHO HOUSEのお客様は
ほとんどの方が融資条件をクリアできますのでご安心ください!!)

消費税が10%に上がるのは2019年10月1日からです。
注文住宅の場合、私共とご縁を頂いてからマイホームが完成するまで
最短でも半年ほどかかりますので、
消費税8%のうちのとお考えのお客様は
遅くても2019年の3月中にはご決断頂かないといけません。
2月中のご契約で30万円相当のファニチャーやインテリア雑貨をプレゼントするキャンペーン実施中!
この機会に是非!!

消費増税前の駆け込み需要の波はすでに押し寄せていまして、
オリンピック特需とも重なり職人さんたちは大忙し。
つまり余裕をもってご計画をされないと、
ご希望の日にご入居できないということにもなりかねません。

さらに留意して頂きたいのは金利です。
金利が1%上がると、返済額がいくら上がるのかご存知でしょうか?
消費税が上がるより影響は多大なんです。
それをご存じでない方がたくさんいらっしゃいます(-_-;)
是非シミュレーションをされることをおススメします!!

今のところ、まだ超低金利時代が続いております。
ただ金利が底を打っている状況で、今後はいよいよ上昇傾向へと向かう事が見込まれております。
アメリカの景気動向をにらみつつ、利上げのペースを注視していかなければなりません。
いったん金利が上がりだすと駆け込み需要で大変なことになります(;'∀')
一生に一度のマイホーム計画。
しっかり計画して建てたいですよね?
頭金を貯めてから、子供が幼稚園に上がってから、小学校入学に合わせて・・・
それぞれのタイミングがありますが、いずれはとお考えでしたら金利が低い今のうちにご計画を進められることをおススメします!

この大変有利な金利を適用できるお客様は、
今月中にマイホームが完成して、住宅ローンの金消契約を締結出来る方だけです!

弊社とご契約を頂いてからお客様のお家が完成するまで最短でも3~4ヶ月ほどかかります(;・∀・)
じっくりプランを練るとなるとさらに数か月plus(;・∀・)

いつかマイホームをとお考えのお客様は、
早めにご計画される事をオススメします(*^^*)

Google +1

(株)東宝建設
代表取締役 東優一

(株)東宝建設 代表取締役 東優一

第一工業大学工学部建築学科
構造力学専攻

専門は鉄筋鉄骨・木造による構造分野。 現場のプロフェッショナルであり設計から施工までが 一貫して出来る数少ないエキスパートとして定評がある。 一般のユーザーを中心にセミナーを年間数十回開催。 セミナー満足度は驚異の96%

(経歴)
元々、地場ゼネコン「坂本建設」にて鉄筋造・鉄骨造などを専門に 様々な建築・土木の施工に携わる。 厳しい環境のもと、「物づくり」について叩きこまれて、 父の会社「東宝建設」に入社。 大学時代の学びを生かし、設計を始める。
2008年32歳の時、代表取締役に就任。 人材育成にも力を入れ、若者に「物づくり」の厳しさと楽しさを 教えながら、個々の力を引き出している。

(実績)
スーパーだいわ大崎支店新築工事
内科有馬病院新築工事
串木野白浜温泉新築工事
鳳凰高等学校第6寮新築工事
春山小学校児童クラブ新築工事
たけのこキッズ新築工事
個人注文住宅 etc・・・

Google +1