« 2018年07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2018年07月04日

電化製品の寿命

H30 7月4日 (wed)

こんにちは!
新入社員の磯口です。

先日、美容室に行き髪の毛を30センチ切りました!
風が吹いたときに肩の上で揺れる髪の毛が
新鮮に感じます。

今回は「電化製品の寿命」についてお話したいと思います。

tv.JPG

ご新築に引っ越しをする際に、
家電を買い替えられたり、
新たに買われたりする方が多いと思います。

実は、多くの家電が10年後に買い替え時を
迎えるらしいです。


主だった家電の平均価格と平均的な寿命↓
・液晶テレビ(40インチ~)…10万円/約8年
・冷蔵庫(400リットル~)・・・13万円/10~15年
・ドラム式洗濯機・・・15万円/約8年
・エアコン(リビング+2部屋 計3台)・・・20万円/10年~13年
・掃除機・・・3万円/約7.5年
・電子レンジ・・・4万円/約10年
・炊飯器・・・3万円/内釜3~5年、本体10年

こうしてみると、
家電類は10年程度で寿命を迎えるものが多いですね…

上に挙げたものは合計70万円くらいになります。
家電を一気に揃えたときには、
10年後の寿命に備え、
買い替え用に貯金しておいた方がよさそうですね♪


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.touhou-kensetsu.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/518

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(株)東宝建設
代表取締役 東優一

(株)東宝建設 代表取締役 東優一

第一工業大学工学部建築学科
構造力学専攻

専門は鉄筋鉄骨・木造による構造分野。 現場のプロフェッショナルであり設計から施工までが 一貫して出来る数少ないエキスパートとして定評がある。 一般のユーザーを中心にセミナーを年間数十回開催。 セミナー満足度は驚異の96%

(経歴)
元々、地場ゼネコン「坂本建設」にて鉄筋造・鉄骨造などを専門に 様々な建築・土木の施工に携わる。 厳しい環境のもと、「物づくり」について叩きこまれて、 父の会社「東宝建設」に入社。 大学時代の学びを生かし、設計を始める。
2008年32歳の時、代表取締役に就任。 人材育成にも力を入れ、若者に「物づくり」の厳しさと楽しさを 教えながら、個々の力を引き出している。

(実績)
スーパーだいわ大崎支店新築工事
内科有馬病院新築工事
串木野白浜温泉新築工事
鳳凰高等学校第6寮新築工事
春山小学校児童クラブ新築工事
たけのこキッズ新築工事
個人注文住宅 etc・・・

Google +1