« 2018年05月
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
2017年01月30日

断熱材の施工不良について

【社長ブログ】
syatyo01.jpg

昨今、様々な種類の断熱材があります。


断熱材とは人間で例えると洋服になります。洋服は、重ね着すると暖かくなりますよね。何故でしょう?


私たち人間の体温は35〜36℃程度です。洋服を着る事によって、熱を外に逃さないために暖かいのです。


断熱材はというと、例えば安くて沢山の会社が使用しているグラスウールは、グラスウール自体に断熱性があるのではありません。


グラスウールの中には沢山の空気を含むことが出来るように構成されております。


グラスールは性能が良くないと思われている方がいらっしゃいますが、そうではありません。


断熱の仕組みが良く分かっていない会社が施工するから性能が担保出来ないのです。これは、他の断熱材についても一緒です。


無理に入れたり、隙間があると性能が40〜60%程度になることが実験で実証されています。


工務店の方に質問してみると会社の技術レベルが分かりますよ。会社の選び方の一つにしていただけたら嬉しいです^ ^

Google +1
2017年01月28日

室温と健康リスク

【社長ブログ】
syatyo01.jpg

室温に関するイギリス保健省によると16℃以下になると呼吸器系疾患に影響があるとされています。


20170127210146112_0001.jpg

これから日本は深刻な高齢化社会に入ります。2016年2月8日記事をご覧ください。

高齢者の医療費が1割負担で国の財政が堪えうるでしょうか?恐らく無理だと思います。

このような観点よりスマートウェルネスという考え方が世の中に少しづづ広まってきています。

住宅と健康は密接に関連していることが理解されてきたのです。

終の住処と考えるのなら健康省エネであるZEH住宅は、もはや最低基準なのかもしれません。

Google +1
2017年01月26日

住宅版PHV

【社長ブログ】
syatyo01.jpg

1970年代、オイルショック後に北海道で断熱化が推奨されました。


気密という考え方が無かった時代に起こったナミダタケ事件は、結露による木材腐朽菌により住まいに大きな被害をもたらしました。


詳しくはwww.aopuri.co.jp/09hukyuukin.htmをご覧ください。


1990年前後にはシックハウス症候群が社会問題化。


今、住宅は新しいステージへと進んでいます。高断熱高気密にパッシブデザインなどです。


健康リスク軽減、医療・社会保障費抑制の視点から、国は2020年の省エネ基準適合義務化とZEH過半数目標を施策化。


これからの住宅は耐震性、耐久性、高断熱、高気密、省エネなど全てが目に見える形で評価することが、新築される皆さんの生命と財産を守ることができる唯一の方法であると私たちは
信じています。


私たちの家は車で例えるとPHV(プラグインハイブリッド車)です。


私たちは、一生に一度の絶対に失敗しない買い物をする方の味方です( ◠‿◠ )

Google +1
2017年01月24日

家づくりに迷った時は・・。

【社長ブログ】
syatyo01.jpg

リクルートによる「2016年注文住宅動向・トレンド調査」の中で家づくりの重視条件というものがあります。


1位は「耐震性に優れている事」(69.3%)

2位は「間取り・プラン」(44.7%)

3位は「断熱性・気密性に優れている事」(40.3%)

4位は「耐久性に優れている事」(39.6%)

5位は「家事がしやすい間取りである事」(38.2%)

のようです。


上位4つは前回調査と同じでした。この結果は、住宅の基本性能重視傾向が顕著に表れています。

TOHO HOUSEはこれらの基本性能は最高ランクを取得し、基本性能がわかる評価書まで付けております。


また、2位や5位については、日々忙しい中での生活動線や自分らしいスタイルを求められる傾向があります。


家づくりに迷った時は、他の一般的な傾向も参考になったりします。迷われた時は、是非ご相談ください。

Google +1
2017年01月21日

奥様に人気の設備や装備

【社長ブログ】
syatyo01.jpg

私たちがお客様と家づくりの相談をしている時、一番お家に長くいる奥様の過ごしやすさを考え、ご提案させて頂いています。


以前、奥様に弊社で人気の装備について日記に書いたところ、「他にもオススメの装備を知りたい!」との声を頂いたので、今日はもう少しご紹介します。

本日は、勝手口のお話しです(^^)/特に料理好きな奥様にはオススメです。

マンションやアパートに住んでいると、なかなかなじみが薄いかもしれませんが、食事を作った後の生ゴミは家の中に置いておきたくないですよね?

なぜなら、特に暑い時期になると、すぐに腐って臭ってきてしまいますよね。

勝手口があると、なんとすぐにキッチンから外に生ごみを捨てに行くことができるんです。

オオ~オォー(´・ω・`)

他にも、勝手口がお庭とつながっている場合には、お洗濯を外に持っていったりなど、奥様の家事の強い味方になります!


毎日のことだから、少しでも家事が楽しくなる家づくりが大切です!!


私たちは日々の生活の無駄をはぶけるようにご提案しています!(^^)!

Google +1
2017年01月19日

経済と住宅ローンの関係性

【社長ブログ】
syatyo01.jpg

いよいよ明日、アメリカ大統領の就任式です。


テレビでは、就任が近づくにつれ、連日のように放送しております。
他人事のような気もしますが、そんなことはありません。


トランプ新大統領は、アメリカ経済の復活を宣言しております。
私たちは注視していかなければなりません。


アメリカの大統領、アメリカ経済が世界に及ぼす影響は多大なるものです。
大統領が公言している政策①~③は、アメリカ経済を好景気へと導きます。
①インフラ投資
②金融規制緩和
③減税政策


これら政策の実行によりアメリカの金利上昇を招きます。

1.jpg


上記、表を見ていただけたら一目瞭然です。

住宅という高額商品を扱う上で、私たちはお客様にとって有益な情報を提供
しています。


失敗しない家づくりとは、お客様自身の学ぶ姿勢が最も大切です。
そのような方には、惜しみなく情報を公開していますので、
お気軽にご相談くださいね(^^)/

Google +1
2017年01月18日

お住まいを建ててからの定期点検

【社長ブログ】
syatyo01.jpg

先日、10年前の夏に当社で家を建てられたお施主様のところへ、
10年点検へ行ってきました。


半年点検、1年点検、2年点検、・・・、10年点検と伺っております。
弊社のイベントなどで顔を合わせてはいるのですが、
新築当時、赤ちゃんだったお子様が、4月から中学生になるとのこと!


ハキハキとしている少年で、感慨深かったです。


点検させていただいたお家も、変らず大切に使っていただいており、
私たちもとても嬉しくなりました。


当社では家づくりをしていただいた後も、毎年定期点検を行っており、
建ててからずっと、一生のお付き合いさせていただいています。


屋根から室内に至るまで、100チェックほど点検していきます。


20170118204746917_0001.jpg


20170118204808252_0001.jpg


20170118204813201_0001.jpg
給水管、水栓器具で水漏れやパッキングの異常のチェック、
台所シンクや洗面設備で水漏れや割れ、腐食などのチェック、
浴室でタイル等の割れや、電気設備でスイッチの作動不良に
スイッチ破損、コンセント破損などが無いかなど。

また、屋外部分の基礎や外壁、雨どい、軒裏、バルコニーまで
確認していきます。


屋内部分では土台や床組の腐朽、さび、蟻害、床沈みなども点検。


玄関ドアや・窓、雨戸・網戸、窓枠・戸袋、
内部建具の隙間や開閉不良、破損などをチェックします。


今回の点検でも建具のひずみなどがありました。
長く住んでいますと、お家をキズが付いたり、傷んだりしてきます。


しっかり、メンテナンスしてあげることで、愛着も湧きますし、
不具合を起きにくいものです。
つまり、病気と一緒で予防がたいせつです(^^)/


もちろんこの定期点検だけではなく、お施主様からご相談を頂いた時には、
随時点検をさせていただいています。


安心して長く安心して住み続けていただくことがTOHOHOUSEの
願いなのです。

Google +1
2017年01月15日

住まいの地盤

【社長ブログ】
syatyo01.jpg

昨年、夜中に携帯の緊急地震速報が鳴り、ビックリして目が覚めました。


私が日々お客様とお会いする中でも、
お客様から「TOHOHOUSE\さんで建てる家は地震に強いですか?」
という質問が多くなりました。


もちろん当社で施工する家は耐震性にもこだわっていますが、
これからの「地震に強い家」には”地盤”へのこだわりも大切なのです。


いくら建物が地震に強かったとしても、地盤が弱ければ、
地盤ごと建物が崩れてしまいます。


そのため、家づくりを行う際には、
「安全な地盤の土地を選ぶこと」が重要で、
地盤が安全かどうかを調べるのが”地盤調査”です。


そして、必要に応じて地盤を補強したりするのが”地盤改良工事”です。


ちなみにこの”地盤改良工事”、
100万円ほどかかる場合も珍しくありません。


ただ、この「必要な場合は」というのが重要なポイントなんです。


というのも、どんな人でももちろん安全な地盤に家を建てたいですよね?


ただ、地盤を調査する会社によっては、不要な、
または過度な地盤改良工事を勧めてくる場合があるんです。


なぜなら、
地盤を調査する会社が地盤改良工事を請け負うこと多いからなんです。


当然、地盤調査をする会社からすれば、地盤調査だけをするよりは、
地盤改良工事もした方が利益を取れますから。。。


とは言っても、普通、住宅会社でも、
その地盤改良工事が本当に必要なのかどうかを判断するのは難しいんです。


だから、当社では、全国6500社の住宅会社のネットワークを利用した、
安心して地盤調査をお任せできる会社に、地盤調査をお願いしています。


なぜ安心してお任せできるかというと、地盤改良工事を請け負わず、
地盤調査だけを専門に行っている会社だからです。


だから、過度な地盤改良工事を行う必要がなく、
安心してお任せできるんです。

家づくりは高いお買い物です。


だからこそ、無駄なお金をかけず、
しかもしっかり安全な暮らしを送れるよう、家を建てる地盤から、
私たちはこだわっています。

Google +1
2017年01月13日

フラット35リノベ

【社長ブログ】
syatyo01.jpg

住宅支援機構が昨年の10月より「フラット35リノベ」の
取扱いを開始しました。


「フラット35リノベ」中古住宅に適用される住宅ローンです。
この住宅ローンの適用を受けるには様々な要件があります。
耐震性、省エネルギー性などです。


20170120143348040_0001.jpg

新築は勿論、リフォームも価値を問う時代に突入しました。
新築においては0.3%の金利優遇、リノベは0.6%の金利優遇
を受けることができます。


他にも新築、リフォーム共に補助金が出ます。
新築、リフォーム共200万円前後の補助金を活用できるのです。
しかし、補助金があるのに補助金を活用する方はごく僅かです。


そのほとんどは、手続きが煩雑なために業者が避けている事例が
ほとんどです。
つまり、お客様は出来ないと言われて受けいれている状況です。


補助金などを有効活用して資産価値の高いものを長く使えたら安心ですよね!
私たちは積極的にご提案させていただいております。

Google +1
2017年01月11日

子育てにオススメの仕様

【社長ブログ】
syatyo01.jpg

先日、私の知人が家を建てることになったので、
当社で家づくりをお手伝いさせていただきました。


30代の夫婦と2歳のお子様の3人家族でしたが、
やはりこのくらいの世代の方が、
当社にいらっしゃる方でも最も多いです。


お子様が幼稚園や小学校に上がる前に家を建てるんですね。


さて、そんなご家族と一緒に家のプラン図(間取り図)などを
考えていたのですが、多くのご家族から、
「あたたかい家づくり」というコンセプトで人気を頂いている
「Fuwari」という当社の仕様がありますのでご紹介します。

IMG_3947.JPG

≪接着剤へのこだわり≫

通常、接着剤はウレタン接着剤というものを仕様しています。
説明書には、有機溶剤による健康障害防止のために配慮事項が
記されています。


弊社では、接着剤の影響を受けやすい赤ちゃんの為に、こだわりを
持って接着剤を厳選しております。


20170111081738824_0001.jpg

強度と安全性の高い、自然素材100%のにかわ職人は、私たちの
家づくりには欠かせない優れモノです(^^)


子様をスクスク育てられる「安全快適な家づくり」


それが当社のモットーです。

Google +1
2017年01月09日

寒いけど、ほっこりな上棟式と手形式

【社長ブログ】
syatyo01.jpg

新年最初の、T様邸上棟式です。

IMG_3869.JPG


T様、たくさんある住宅会社の中からご指名いただき感謝致します。

お家づくりはご家族にとって大切なイベントの一つ!

IMG_3892.JPG

お家づくりに参加して、楽しんでいただけることが弊社の魅力の一つです。

IMG_3917.JPG


Google +1
2017年01月07日

電化製品の寿命とお金の話

【社長ブログ】
syatyo01.jpg

新築を建てて、ついでに家電を買い替えられたりする方は多くいらっしゃいます。


家電の多くは、10年前後に買い替え時がくると言われています。


主だった家電の平均価格と平均的な寿命(当社調べ)はというと。。。

・液晶テレビ(40インチ~)・・・10万円/8年程度
・冷蔵庫(400リットル~)・・・13万円/10~15年
・ドラム式洗濯機・・・15万円/約8年
・エアコン(リビング+2部屋 計3台)・・・20万円/10年~13年
・掃除機・・・3万円/約7.5年
・電子レンジ・・・4万円/約10年
・炊飯器・・・3万円/内釜3~5年、本体10年

やはり、家電類は10年程度で寿命を迎えるものが多いようです。


上記合計金額は、70万円くらいです。


家電を一気に揃えたときには、10年後の寿命に備え、
毎月5千円くらいを買い替え用に貯金しておくことをオススメします。


これまでは、電気を買う時代でしたが、これからは電気は買わずに生活する
時代に変わりつつあります。


DSC_1253.JPG

TOHOHOUSEの住宅は電気自動車との連携が出来るスマートハウス対応住宅
となっています。広木3丁目の完成見学会は3月中旬まで開催予定です。


体感したい方は、お問い合わせくださいね!

Google +1
2017年01月05日

エステのようなバスルーム体験コーナー

【社長ブログ】
syatyo01.jpg

新春イベントを、上伊集院郵便局さんで行いました。



鹿児島で唯一のサイエンスマイクロバブルの代理店のTOHOHOUSE。


結露のない快適な注文住宅を提供している弊社は、楽しく家族と過ごす時間、
健康的な澄んだ空気をお約束してきました。


弊社は、お風呂にゆっくり浸かることの出来る時間もとても重要だと考え、
人間の毛穴よりも小さなミルクのような気泡で毛穴の隅々まで綺麗にして
くれる商品を取り扱っております。


人が活動する上でとても大切な人生の約3分の1は、睡眠ですね。
このお風呂に浸かるとお肌にうるおいが出ます。


普通のお風呂に比べると湯冷めしにくく、加齢臭にまで効果を発揮します。
そして、お風呂に浸かると今まで以上にぐっすりと寝ることが出来ます。


私は、10月にビルトインタイプのものを設置し、お風呂上がりの極度の
乾燥肌から解放されました。



子供たちは、アトピーなのですが症状が5分の1程度に軽減されました。


体験しないと分からないことが多いですが、本日ご体感していただいた方、
ありがとうございました。


このお風呂に入ると体を擦るタオルは不要になります。


今後もエステのようなお風呂の体験会を定期開催いたします。


ご希望の方は、ご連絡くださいね。

Google +1
2017年01月01日

「1月」 金利は?!

【嫁ブログ】
yome01.jpg

慌ただしく年末年始を過ごしております(^▽^;)
暮れには実家の桜島に帰省し、
お餅を35キロつきました♪
社業繁栄を願い、お餅を飾り、
家族揃って迎えたお正月・・・
そんな当たり前のような日常を幸せと言うのだと思います。
そして実は当たり前ではなかったりするのです。
ですから、ちゃんと感謝を忘れずに
今年も1日1日を大切に暮らしていこうと思うのです。

さて、年末に大手銀行が金利を上げるという
発表をしたのはご存知でしょうか?
1月の金利が発表されました。
先月より少し上がりました(;^ω^)

8月=0.90%(史上最低金利)
12月=1.10%
微増したり微減したり
と、このような推移を
辿っております金利。

1月のフラット35S
1年目〜10年目 0.82%
11年目〜35年目 1.12%

※融資条件あり※
(TOHO HOUSEのお客様は
ほとんどの方が融資条件をクリアできますので
ご安心ください!!)

今のところ、まだ超低金利時代が続いております。
ただ金利が底を打っている状況で、
今後はいよいよ上昇傾向へと向かう事が
見込まれており、
実際に、11月・12月より上がり始めているようです。
金利が上がりだすと
駆け込み需要で大変なことになります(;'∀')
一生に一度のマイホーム計画。
しっかり計画して建てたいですよね?
頭金を貯めてから、子供が幼稚園に上がってから、
小学校入学に合わせて・・・
それぞれのタイミングがありますが、
いずれはとお考えでしたら
金利が低いうちにご計画を進められることを
おススメします!

この大変有利な金利を適用できるお客様は、
今月中にマイホームが完成して、
金消契約を締結出来る方だけです!

ご契約からお家が完成するまで
最短でも3~4ヶ月ほどかかります(;・∀・)
じっくりプランを練るとなるとさらに数か月plus(;・∀・)

いつかマイホームをとお考えのお客様は、
早めにご計画される事をオススメします(*^^*)

Google +1

(株)東宝建設
代表取締役 東優一

(株)東宝建設 代表取締役 東優一

第一工業大学工学部建築学科
構造力学専攻

専門は鉄筋鉄骨・木造による構造分野。 現場のプロフェッショナルであり設計から施工までが 一貫して出来る数少ないエキスパートとして定評がある。 一般のユーザーを中心にセミナーを年間数十回開催。 セミナー満足度は驚異の96%

(経歴)
元々、地場ゼネコン「坂本建設」にて鉄筋造・鉄骨造などを専門に 様々な建築・土木の施工に携わる。 厳しい環境のもと、「物づくり」について叩きこまれて、 父の会社「東宝建設」に入社。 大学時代の学びを生かし、設計を始める。
2008年32歳の時、代表取締役に就任。 人材育成にも力を入れ、若者に「物づくり」の厳しさと楽しさを 教えながら、個々の力を引き出している。

(実績)
スーパーだいわ大崎支店新築工事
内科有馬病院新築工事
串木野白浜温泉新築工事
鳳凰高等学校第6寮新築工事
春山小学校児童クラブ新築工事
たけのこキッズ新築工事
個人注文住宅 etc・・・

Google +1