« 2019年11月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
2015年02月01日

進化した地盤調査

みなさん、こんにちは(^^)/   東です。

寒い日が続きますが、冬になると注意しなければいけないことがあります。

そう・・・インフルエンザです。
インフルエンザは乾燥に強く、この時期に最も気を付けなければいけないウィルスです。

みなさん、マスクをしたり人の多い場所を避けたりとさまざまな対策をとられていると
思います。しかし、対策をとってもいつのまにかかかってしまった・・・なんてことも
ありますよね。

目に見えない危険は実に脅威です(>_<)

住宅も目に見えないさまざまな危険が潜んでいます。
住宅会社にとっては、お客様のマイホームをしっかりした形でお引き渡しするのが
当然の義務ですよね。

お家を建てる前の一番重要な部分である地盤調査はそのうちの一つです。

ほとんどの新築物件で、SWS試験が行われています。一般的な試験でありますが
難点として土質判定が出来ません。この影響で全国各地で地盤事故(地盤沈下や液状化)
が起きています。

1423975736943.jpg

そこで、弊社ではより正確な土質が判別出来るSDS試験を標準採用することに
なりました。しかも、お値段据え置きです(^_^;)
さらに、通常10年保障しか出来なかったSWS試験に代わり、20年保障となっております。

1.jpg

今後とも、良いと思ったものは会社の中で精査し採用していきたいと思います。
気になるお客様はお電話やメールくださいね!


Google +1

(株)東宝建設
代表取締役 東優一

(株)東宝建設 代表取締役 東優一

第一工業大学工学部建築学科
構造力学専攻

専門は鉄筋鉄骨・木造による構造分野。 現場のプロフェッショナルであり設計から施工までが 一貫して出来る数少ないエキスパートとして定評がある。 一般のユーザーを中心にセミナーを年間数十回開催。 セミナー満足度は驚異の96%

(経歴)
元々、地場ゼネコン「坂本建設」にて鉄筋造・鉄骨造などを専門に 様々な建築・土木の施工に携わる。 厳しい環境のもと、「物づくり」について叩きこまれて、 父の会社「東宝建設」に入社。 大学時代の学びを生かし、設計を始める。
2008年32歳の時、代表取締役に就任。 人材育成にも力を入れ、若者に「物づくり」の厳しさと楽しさを 教えながら、個々の力を引き出している。

(実績)
スーパーだいわ大崎支店新築工事
内科有馬病院新築工事
串木野白浜温泉新築工事
鳳凰高等学校第6寮新築工事
春山小学校児童クラブ新築工事
たけのこキッズ新築工事
個人注文住宅 etc・・・

Google +1