施工へのコダワリ

TOHO HOUSEでは、とことん家造りに対する”コダワリ”を持って、1棟1棟お客様に提案して施工していきます。

最近、お客様から工法はなんでしょうか?と質問をされました。「在来軸組工法ですか?パネル工法ですか?」と。

住宅メーカーTOHO HOUSEは在来軸組工法を標準採用しています。プランによっては在来軸組工法とパネル工法を合わせたハイブリッド工法を採用することもあります。なぜ、ハイブリッド工法を標準採用しないかというとコストが上がるからです。お客様のご希望のお家を建てるのに必要な時は採用し、必要でない時は在来軸組工法を採用します。つまりプランしだいです。

これは、欲しい物が一個だけなのに二個でしたらお得な金額になりますと言って買い物の価格を釣り上げるのと一緒のようなものです。お客様のご要望を優先させるべきであり住宅会社の物差しで過剰設計する必要は迷惑な話だと私たちは考えます。過剰設計が、ただであればべつですが・・・。

パネル工法を採用している会社さんもあちますが、初期段階から制限や支障が生じてきます。
元々、パネル工法は国外で採用されていた工法です。

パネル工法サッシ寸法の変更や取り付け高さの変更、また将来の増改築まで影響してくる可能性もあるのです。弊社はやはり昔からある日本の風土に適合した、在来軸組み工法が一番良いと考えております。

私たちは地元や地域に密着している会社として、お客様の住まいを長期にサポートしていくことを使命と考えております。

私たちは、徹底した工事現場の管理を行い、お客様へ安心と信頼をご提供ます。小さな工務店で、工事現場全てを監理するのは大変なことで、エリア拡大し、数が多くなればなるほど、完璧に監理することは困難となります。

ここ数年で家造りに対する仕様もだいぶ変わってきており、後まで安心してお住まいいただける工法、仕様、部材選定を行っています。

住宅メンテナンス何かあればすぐにお伺いする体制を敷いています。お客様に安心、満足していただけるよう私たちは今までもこれからもお客様に必要とされる企業として日々勉強をし、一生懸命取り組んでいきます。  

弊社では、嘘偽りのない、本物で資産価値の高い住宅を提供していきます。

おかげさまで、インターネットを通じてのお問合せも年々増加しています。

これは、弊社への信頼を頂いている証だと思います。

「ホームページをご覧いただいているあなた様、心より感謝いたします。」

仕上がりだけではなく、家の構造からトップレベルの品質で高性能住宅を建てるTOHO HOUSE。

あなた様のご要望や問い合わせをお待ちしております。詳しくは弊社までお問合せください。

お問合せはこちら

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

お問合せフォーム